雑記

青汁王子こと三崎さんからみる「権力者」の不祥事は心理学的にも証明されている

昨日知って、ちょっとびっくりしたことが。

青汁王子こと三崎優太さんという方を知っていますか?

「すっきりフルーツ青汁」という商品で、年商130億円、月収1億円も稼いでいたやり手の起業家。

結構テレビや雑誌なんかのメディアに出ていたこともあったんですが、約1億8000万円の脱税で逮捕されました。

その時は「お金はあるし、保釈金と追加課税払って、元に戻るんだろうなー」くらいに思っていたんですが、なんと社長をクビになって、4億の借金を抱えて、やきとり屋でアルバイトしていたらしいです。

月収1億円から、4億の借金をかかえ、やきとり屋でアルバイトって……。

月収1億円もあって、なんで4億円も借金あるのかってのは、お金持ちの典型的な散財していたから。

散財について興味がある方はこちらもどうぞ。

[box06 title="あわせて読みたい"]お金を貯めたいだって?それならやることはただ一つ【倹約、倹約、倹約】[/box06]

今はやきとり屋もクビになって、ホストで成り上がるようです。

権力を手にすると人間は無意識に変わってしまう

それにしても、三崎さん以外にも、「カルロス・ゴーン」など、会社の社長や幹部、政治家など、一般的に役職が高い立場の人の不祥事が後を絶ちません。

元々は優秀で、みんなからも信頼があった人なのに、昇進したら別人のようになって不祥事をしてしまう。

こんなことはどこの会社でもよくあることですよね。

ぼくも仕事をしていて「〇〇さん昇進して変わったよなぁ」と言われているのを、何度か聞いたこともあります。

でも実はこれは、本人が意識的に変わろうとしているのではなく、「無意識」に変わってしまっているという心理実験があります。

心理学者のデービッド・キプニスは、人間が権力を手に入れると、精神的にどのような影響を与えるのかを調べる実験をしました。

まず日常の職場環境に近い条件を設定し、マネジャー役を演じさせるグループを作り、条件が異なる2つに分けます。

・第一のグループは、マネジャーの地位が低く、権限も小さい

・第二のグループは、部下に賞罰を与える権限を持つ

すると、第二グループは「命令する傾向が強くなる」ことがわかりました。

さらに第二グループで、一部のマネジャーの権限を強化し、報酬額の決定権などを与えると、部下を思いのままに動かそうとしはじめた。

しかも、部下の仕事ぶりは「自分の指揮系統のおかげ」と考えるようになる。

その後も権限をどんどん強くすればするほど、「自分は優れた人物」と思うようになり、権力をどんどん振るうようになります。

そしてもう一つ面白い別の実験もあります。

互いに知らない学生3人1組でいくつかのチームを作り、社会問題を討論させます。

ただし、3人のうち1人をランダムで選び、論点を整理し結論を出す役割を与える。

30分討論し、その後クッキーを差し出すと、面白い現象が現れます。

3人とも1枚目のクッキーは自然と食べますが、続いて2枚目に手を出すのはなんと「結論役の人」だったんです。

しかも結論役の彼らは、行儀も悪くなり、テーブルに食べかすもこぼすようになった。

面白い実験ですよね〜。

人は誰しも、権力を手に入れると心理的に「自信過剰」「油断しがち」「ものの見方が硬直的」「他人の意見を無視する」ようになるというのが、実験でわかりました。

昔からある日本のことわざ「勝って兜の緒を締めよ」は、心理学的にも、ものすごく重要なことわざだったんですね。

昔の人は感覚的に、このへんのことわかっていたのかな。

もし、役職が高い位置にいる人で、この記事を読んだ方がいましたら、ぜひ気をつけるようにしてください!

自分が権力者になりたいという方は、こちらの本に詳しく方法が書かれているので読むといいですよ。

一応いっておきますが、この本は悪い権力者になる方法ではなく、どうやったら出世して力のある役職につくことができるかについて説明している本ですからね。笑

最後に、青汁王子の三崎さんですが、ホスト名が「三崎愛汁」

「愛汁」って、これ絶対「青汁」からとってるだろ!笑

転んでもただでは起きない精神は凄いわ!笑

しかも、なにかやろうとしているようで、ツイッターではN国の「NHK撃退シール」をおでこに貼っていたから、政治に出馬するかもって盛り上がっているようですね。

ちょっと今後が目が離せなくなったかも。笑

-雑記

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.