未分類

人生勝ち組に入りたいなら重要なことは【普段からのインプット】

 

「普段からインプットを多くしている人が、成功するというけれど、それって本当なのか?」

 

こんな疑問にお答えします。

 

初めに結論から言うと、普段からインプットを多くしている人が、勝ち組に入る確率が圧倒的に高いです。

 

普段からのインプットが、なぜ重要か説明していきます。

 

インプットは普段からしておくことが大切な理由

 

普段から、インプットをしない人の理由はこうです。

 

「何かインプットが必要な場面になったら、そのときに始めた方が、効率がいいんじゃない?」。

 

たしかに、ごもっともの意見。

 

インプットしなければいけない内容が、ハッキリとした方が、やみくもにインプットするより、効果的なのは確かです。

 

テスト勉強と一緒ですね。

 

どこがテストに出るかわからず、広範囲を勉強するより、出る範囲を知った上で集中的に勉強した方が、投入した時間に対しての効果が大きいです。

 

そうやって子供の頃から徐々に、いかに効率よくやるかが、クセとして根付いてしまうんです。

 

こうなると「いかに効率よくやる」かが重要になり、非効率なことをものすごく避けるようになっていきます。

 

世の中の流れとして、「効率よくやること」が、高評価に繋がりますからね。

 

「効率悪いから」と、自分自身に理由付けをして、普段はインプットをしなくなる。

 

でも「仕事でもっと昇進したい!」「もっとよりよい人生を送りたい!」と思ってるなら、実は普段からのインプットが、メチャクチャ大切なんですよ。

 

普段からのインプットが大切な理由

 

インプットする状況が整ってから始めるのは、効率がいいように思えるけど、「機会費用(本当は得ることができたはずの利益)」がものすごく悪いんです。

 

インプットが必要なときは、どんなときか?

 

インプットが必要なときは、どんな時でしょうか?

 

社会人なら、「新しいスキルを身につけたい」「初めての仕事で覚えなくてはいけないことがある」などが多くありますね。

 

今の理由を深掘りして考えると、インプットとは、「相手の要求に対応するための行動」なんです。

 

新しくスキルを身につけることは、そのスキルを求めている人に活かすためだし、仕事を覚えるのも、誰かが求めている要求に応えるため。

 

受験での勉強だって、優秀な人材を求めている会社に選ばれるためですよね。

 

インプットは「相手の要求に対応するための行動」なんだと、理解をしておくことがまずは大切です。

 

アウトプットの質を高める

 

インプットしたものを、相手の要求に応えるためにアウトプットします。

 

アウトプットの質のレベルは、インプット量に反映されることが多いです。

 

ここがものすごく重要です。

 

アウトプットが必要になったとき、インプットの量が少ないと、どうしてもレベルの低いアウトプットしかできません。

 

しかも、アウトプット(何かの要求)が必要なときは、突然来ることが多いです。

 

「〇〇さん、これ出来る?』など。

 

急に、相手に何かを求められたときに、即座に質の高いアウトプットをすると、相手の満足度はかなり高いものになりますよね。

 

普段からインプットをしていない人は、要求されてから急いで付け焼き刃のインプットで対応するので、アウトプットの質は低いです。

 

いつでも質の高いアウトプットをするために、普段からインプットを出来るだけして準備をしておくことが、周りの人との差が生まれることに繋がります。

 

【結論】インプットは何もないときにしてこそ意味がある

 

何もないときからインプットをして、いつでもレベルの高いものを提供できるよう準備をしておく。

 

人生の勝ち組は、みんなそうやって日々準備をしています。

 

どんなインプットをしたらいいかわからないなら、種類はなんでもいいんです。

 

仕事関係でもいいですし、自分の興味のあることでもいいですし。

 

そもそも、先の未来なんて誰にもわかりませんから、どこをインプットしたら効率いいかなんて予測は不可能です。

 

あまり深く考えずに、とにかく何もないときからのインプットを黙々とする。

 

インプット量が増えれば増えるほど、自分自身の幅もどんどん広がるので、無駄なことは一切ありません。

 

効率を意識するあまり、普段インプットをしていなかったなら、今日からインプットを始めるようにしましょう!

 

今回は以上です。

 

-未分類

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.