未分類

ニュース番組で情報収集は完全に【負け組】になる2つの理由

いつからかニュース番組をほとんど見なくなりました。

 

昔は、結構ニュース番組は好きだったんですよ。

 

「うわー、この政治家とんでもない発言してんなー」「えっ!この俳優とあのアイドル結婚したんだ!」とか、ニュース番組を見ながら情報収集をしている自分がいたので。

 

世の中、「情報を多く持っている人が有利」って言われていますね。

だからこそ、ニュース番組を楽しく見ていたんですが、あるときふと思いました。

 

過去のニュースってほとんど思い出せないな…。

 

この瞬間、なんかズキっとした心の感覚がありました。

 

その原因を考えていった結果、このままニュース番組観ていると「負け組になってしまう」なと。

きっとこれに心が反応したんです。

 

負け組になってしまうと感じた理由は簡単で、

 

  • 時間が奪われる
  • 価値を生まない

 

この2つです。

 

普段ニュース番組が好きでよく見ている人には、心が痛い話になるかもしれませんが、グッとこらえて聞いてください。

 

今後の人生の質に大きく関わる問題です。

 

はじめに言っておきたいのは、ニュース番組でも、仕事の関係で見ないといけない人は、100%ムダとは言いません。

 

例えば、天候が仕事に影響を及ぼす人なら、天気予報は見る必要がありますし、株をやっている人なら、世界情勢なんかを知るために必要な人もいます。

 

それでも、今ならスマホから知りたい情報はすぐに調べられるので、わざわざテレビで見る必要はありませんが…。

 

今日言いたいのは、世間一般の特に理由もなくニュース番組を見ている人に、とくに伝えたい話です。

 

この理由を聞けば、きっと「ニュース番組見ている自分ヤバい!」と理解できますよ。

 

あっ、「私はニュース番組が三度のメシより好きだから!」という人はここから先読まない方がいいです。

 

それほど好きなことを邪魔したいとは思っていません。

 

ニュース番組なんて見たらいけない2つの理由

 

具体的にニュース番組を見たらいけない2つの理由を説明します。

まずは1つ目は「時間」についてです。

 

1年になんと〇〇日も貴重な時間が奪われている!

 

ニュース番組を見ることが、人生に影響を及ぼす一つ目の問題は「時間を奪われる」ことです。

まぁ、言われなくてもなんとなくわかりますよね。

 

テレビ局は視聴者を飽きさせないように、次から次へと単発のニュース情報を流してきます。

 

テレビチャンネルを変えないでそのままじっと見ていろよ!」と、テレビの前に居座らせ続けさせるためです。

 

最近よくある手口が、キャスターの左上なんかに、ニュースのラインナップをタイトル一覧で並べて、それを順番に紹介していく手法です。

 

気になるニュースタイトルがあったら、もうテレビ局の思うつぼで、それを見ないと気が済まなくなるから、そのニュースが始まるまで見続けなくてはいけません。

 

僕はその策略におもいっきりハマっていましたね…。

 

しかもそういった気になるニュースに限って、なかなか始まりません。

しまいには、やらないで途中で終了する「おい!」とツッコミを入れたくなる最悪な展開もあります。

 

そんなこんなで、気がついたら数十分、1時間と、見ていることが一般的です。

 

ここでちょっと時間について考えていきましょう。

 

仮に、1日1時間ニュース番組を見るとして、1年間でどれだけニュース番組に時間を費やすことになるか、計算できますか?

 

簡単ですね。

 

365日×1時間=365時間

 

365時間と知って、かなりの時間の多さに「おおっ」とびっくりしませんか?

 

さらに日数に換算すると約15日

 

現代人は忙しすぎて時間が足りないのにもかかわらず、年間15日もニュース番組に時間を費やしているんです。

 

これはもうヤバイです。

 

それでもニュース番組に時間を使うことで、「あること」が生まれるなら、まったく問題はありません。

 

そのあることとは、二つ目の「価値」についてで、これがなにより重要です。

 

「価値」があるかないかが重要

 

一番強くニュース番組を見ない方がいいと思うのは、ニュース番組のほとんどが「価値がない」ことです。

 

この「価値があるかないか」がものすごく重要なポイントです。

 

最初に話した、天候が仕事に影響が出る人にとっては、天気のニュースなんかは「価値」があります。

 

生活をしていくうえで大切な仕事に、天気のニュース情報が価値を与えてくれますからね。

 

んで、問題なのは次のパターン。

 

例えば、みんなが大好きな不倫のニュースなんか、ここ数年とくに多くやっています。

 

テレビ局も視聴率が稼げるからこそ、連日放送していますが、この不倫ニュースの視聴に費やした時間って、あなたの人生に価値を生み出してくれていますか?

 

せいぜい職場や友達との、ちょっとした会話のネタ程度です。

 

1年後、その不倫ニュースが職場や、世間を賑わせているかといったら、まったく話題にまったくなっていませんよね。

 

つまり、不倫の話題に費やした時間が、まったくのムダになったということです。

 

大切な時間を、自分と関係のない、あかの他人の不倫に使って、結果何も残らない。

 

こんなに時間のムダなことってありますか?

 

自分の限りある人生の時間は、できるだけ「価値を生み出す」ことに使うのが大切であって、まったく「価値を生み出さない」ニュース番組なんかに使う必要はありません。

 

ここまで読めば、ニュース番組をなんとなく毎日見ている自分はヤバイなー、と感じてきたかもしれませんが、ここからさらに追い打ちの事実を話します。

 

一部の人は「価値を生み出すことに時間を使っている」

 

日本中の全員が、ただボーと、ニュース番組を見ているなら、仮に百歩譲ってまだいいと思います。(本当はやばいですが)

 

問題なのは、大勢の人がニュース番組を観て時間を無駄にしている人がいる一方で、その時間を「価値を生み出す作業に使っている人がいる」ということです。

 

例えば、読書や、資格の勉強など。

これがもの凄い差を生み出します。

 

今、日本というか、世界中でインターネットの進歩で、効率化やAI化が進み、すべてにおいてどんどん平均化しています。

 

簡単な仕事はAI化で機械が代わりにやりますし、情報だってある程度のことならgoogleからなんでもすぐに手に入り、専門家の価値が薄れています。

 

しかも、今後ますます平均化のスピードは増していくでしょう。

 

つまり、ただ時間を無断に浪費していて、何も進歩がない人は、どんどん時代のスピード(変化)についていけず、気が付くと格差社会の平均になり、いわゆる負け組に入ってしまっています。

 

だからこそ、ニュース番組なんて見ないで、何かを生み出す作業をしている人は平均化から脱出し、価値は今後ますます上がっていき、自然と勝ち組に入る構造が出来上がります。

 

考えてほしいんですが、仕事や何かの分野で成功している人が、他人の不倫ニュースの話題をしていますか?していないですよね。

そういうことです。

 

結論【ニュース番組は見なくていい】

 

人生をよりよいものにしたいと思うなら、時間を使って努力するしかありません。

 

ニュース番組なんかに貴重な時間を費やしている場合ではありません。

 

とはいえ、職場での会話や、世間で何が起きているか知りたいからニュースを見たいという人にオススメなのが、スマホのアプリです。

 

アプリだと、自分の好きな記事を瞬時に読めますし、通勤時間などちょっとした隙間時間に読めます。

 

僕は「ヤフーニュース」「東洋経済ONLINE」「NewsPicks」の三つのアプリを入れて、一日に一回、隙間時間なんかに気になるニュースだけサッと読むようにしています。

 

あっ、このときも不倫ニュースなんてくだらい記事は読みません。笑

 

時間は限りあるものです。

無駄なニュース番組なんかに消費しないで、もっと自分の人生を向上するために使いましょう。

 

さっそく今日家に帰ったら、テーブルの上にあるテレビのリモコンを、手の届かない場所に移動させて、視界から消してください。

まずはそれが第一歩です。

 

今回は以上です。

-未分類

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.