未分類

「量」と「質」どちらが大切か?お答えします

 

悩んでいる人
新しいことを始めるとき、「量」と「質」のどっちを重視したら、上達のスピードがあがるんだろう?

 

こんな疑問について、先日、以下のツイートをしました。

 

 

ちまたでは「量」をこなすことが何より大切で、質は気にしなくても量をこなすと、勝手に上がっていく。

 

こんな感じが最近の一般的な認識かな。

 

確かにそれも一理あるんだけど、それは半分正解で半分不正解かなと。

 

量だけを意識して何かに取り組んでいる人には、ドキッとするかもしれませんね。

 

たしかに量をこなすと質は上がる

 

まず考えるべきことは、本当に世間一般で言われている通り、量をこなすと自然と質は上がっていくのかについて考えます。

 

① 量を意識して100回練習する

② 質を意識して1回練習する

 

この場合、①の量を100回練習する方が成果はよくなります。

 

つまり、量をこなすと質は「上がる」ということ。

 

例えば、初めてリンゴの皮むきにチャレンジするとします。

 

30分で綺麗に皮をむくことをとくに意識しないで、何個もりんごの皮むきをしまくった人と、慎重に30分かけて1つのりんごの皮を綺麗にむいた人では、前者の方が皮むきは上達します。

 

これって、りんごの皮を多くむく(量)ことで、早く綺麗にむく技術が身についた(質が上がった)ことになります。

 

「やっぱり量をこなすのが質を上げるというのが正解なのでしょうか?」

 

でもあくまで今のりんごの例は単純な作業のことで、これが単純ではない分野となると、結果は変わってきます。

 

取得が難しい分野では量の効果が薄まる

 

今度は皮むきではなく、簡単に取得できない分野の話をします。

 

ブログを書いて実際に学んだこと

例えば、僕のブログの話を例にします。

 

僕がブログを始めるさいに、以下の2つがアクセスを集める方法と聞いたことがあったので、実践してみました。

 

  • 100記事書く
  • 1記事の文字数は1500文字以上

 

だいたい400時間くらい(ブログのデザインなど色々と含めると500時間くらい)かけて「100記事」「1500文字以上」のブログが完成。

 

量をこなしたのでブログとしての質も上がり、これでアクセスが多く集まるブログができたかというと、

 

→ 全然アクセスが集まりませんでした。

 

500時間かけて100記事書いたのに、1日のアクセスが20とか。笑

 

始めの情報から得ていた予想より、10分の1くらいしかアクセスが集まりません。

 

もう一つ例をあげます。

 

ゴルフの練習で考える

何かの本で読んだことがあるのですが、暗闇でゴルフの打つ練習をしても上達しない。

 

暗闇の状態では、打ったボールがどうやって飛んだか確認することができないので、ひたすら打つこと(量)を繰り返したところで、上達しない(質が上がらない)という意味。

 

簡単に上達しない分野では、量の効果は薄まります。

 

簡単に上達しない分野では「質」が大切

 

今までの結論。

 

難しい分野になるほど「量」をこなしても成長スピードは遅い

ここで大切なのが「質」。

 

どの分野でも1番成長スピードが上がる方法がこれ。

 

「量」をこなしつつ、「質」も意識する。

 

これが最高に成長スピードが上がる方法です。

 

ブログとゴルフの例で説明

 

先ほどの「ブログ100記事」と「ゴルフ」の例で話します。

 

ブログでアクセスをより多く集めるには?

ブログの質を上げる方法は色々あります。

 

・ライティング(文章力)の勉強をする。

・アクセスが集まりやすい記事の傾向を調べる。

・他のアクセスが多いブログをみて研究する。

 

これらのことを常に考え取り入れつつ、1記事ずつ書いていく。

 

  • 「タイトルはもう少しこうした方がいいかな?」
  • 「人気ブログのこの部分を次回の記事で取り入れてみようかな?」

 

など、質を高めつつ量をこなします。

 

これで、量をこなしただけの100記事より、質も取り入れた100記事は、間違いなくアクセスは多く集まります。

 

 ゴルフを上達するには?

ゴルフの場合だったら、質を上げる方法はこんな感じ。

 

・グリップの握り方を変えてみる。

・力加減を変える。

・スイングの角度を変更してみる。

 

1回打つたびに、グリップの握り方、力加減、スイングの角度やスピードなど、色々と試行錯誤しながら考えて打つ。

 

結果、自分の考えてた通りのボールの飛び方をしたか確認しながら、ひたすら繰り返し量をこなす。

 

暗闇で100回打ち続けるより、試行錯誤した100回の方が上達はものすごく早いです。

 

これが、「量」と「質」の両方を求めるのが正解という意味です。

 

【結論】どちらか一方ではなく、どちらも求める

 

世間では「量」をこなすことが何より大切と言います。

 

ですが、いま説明した通りに、量をこなすだけでは成長スピードがものすごく遅くなってしまいます。

 

始めは量をこなすだけでもいいと思いますが、ある程度慣れてきたら、質も意識しつつ、量をこなすようにしてみてください。

 

それでは。

-未分類

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.