雑記

スタバでカードゲームを白熱していたオタクに、打ちのめされたあの日

久しぶりに打ちのめされた。

仕事や喧嘩ではなく、スタバでカードゲームをやっているオタク二人組に。

まさかあの日、スタバであんなにへこむことになるとは思わなかったよ。

なんでそんなことが起きたのか順を追って説明するよ。

早朝のスタバでカードゲームで白熱しているオタク二人組

ぼくは基本的に用事がない土日は、朝早くからカフェでコーヒーを飲みながら本を読むのが大好きで、そのために普段仕事を頑張っているくらい。

その日も7時くらいからワクワクしながら、札幌駅の中にあるスタバへ。

さっそくコーヒーを注文して、席に座り、この日のために買っておいた本を楽しく読み始めていると、なにやら男性の大きい声が聞こえてくることに気がつく。

声の方に目をやると、そこには、テーブル一杯にカードを広げて、カードゲーム対決で白熱している二人組が。

髪もボサボサでメガネをかけ、みるからに一般的にオタクといわれる二人組。

「おいおい、こんなところでカードゲームやるんかーい!」とツッコみたくなりましたが、まぁ、スタバでカードゲームをやったらダメではないし、それに関しては文句はない。文句はないが、問題なのは声の大きさ。

とにかく声がデカい。

「ここでそのカード引くかー!」

「次は絶対に負けないからなー!」

とか、すべて大声。

「オレっておまえたちの家でコーヒー飲んでるんだっけ?」と錯覚しそうなくらい声のボリュームと盛り上がり。

ぼく以外にも、何人か座っていましたが、みんなチラチラ二人組を見ながらコソコソと話して、明らかに「こいつらうるせぇ」というオーラが放たれているのがわかります。

ぼくはというと、ここにいる客の中で、一番強いオーラを放っていたと自信があります。

ドラゴンボールのラディッツが、この場でぼくの戦闘力を測定していたら、

「バカなっ!!戦闘力が上がっていく!!こいつ・・・!!戦闘力を一点に集中して高めることができるのか・・・!!」

と、ピッコロに言ったセリフ、そのまんまぼくにも言ったな。

とりあえず本に集中できないから、イヤホンをつけて音楽で多少ごまかしながら、我慢して本を読んでいたんですが、ふとある思いが湧いてきました。

「なんでこの二人は周りを気にしないで、こんなに楽しそうにできるのか?」

オタク二人組から人生の大切なことを学ぶ

ぼくが逆の立場だったら絶対にできません。

友達にスタバというか、カフェでカードゲームやろうと誘われたら、どんなに仲のいい友達でも断る。

場違いで恥ずかしいし、周りにうるさくて迷惑をかけるのもわかるから。

それでもオタク二人組はおかまいなしに、大声でさらに白熱していく一方。

一度本をテーブルに置き、ずっと二人組を凝視して考えこむことに。

10分くらい考え込んでわかったことは、「こいつら周りの世界なんて関係ないくらい、自分たちの世界に入り込んでいるから平気なんだ」と。

つまり、

「周りが見えなくなるくらい、大好きなことに没頭している状態」

この考えが浮かんだときに、ガツンと頭に衝撃が。

「オレってこいつらみたいに周りが見えなくなるくらい、大好きなことってないよな」って思ってしまったんですよね。

今は本を読むことが一番好きですが、あの二人組の熱量と同じくらい好きかといわれれば、恐らくそこまでではないでしょう。

人生にとってものすごく大切な、ぼくにはないものを持っているんだと感じた瞬間、二人組が羨ましくなるのと同時に、自分がみじめに思えてきて、スタバを早々に出ました。

これからは色々なことを経験する

家に帰ってから、あれこれ考えたりしましたが、出た答えは一つ。

「今はあの二人組ほど没頭できることはないけど、きっとなにかあるはずだから、これからは色んなことをやってみよう!」

これしかないです。

ないなら、自ら見つけるしかない。

とりあえずは、ちょっと興味があるけど、まだやれてなかったことをやってみます。

なにが没頭できるくらい熱中できるかわからないから、手当たり次第色々と経験してみるしかないですからね。

未体験ゾーンへの突入です。

初めは、最近興味がある仮想通貨にチャレンジかな。

ぼくと同じく没頭できることがなく、無趣味なんて人は、人生楽しくするために、色々チャレンジしてみてはどうしょうか。

あの日、人生で大切なことはなにかを教えてくれた、君たちに出会えた奇跡に感謝。

いや、ぼくに気がつかせるために、あえてスタバでカードゲームをやって、待っててくれたんだよね。

大声を出して、待っててくれたんだよね。

一瞬、君たちの真意をくみとれなくて、本気の殺意を向けちゃったけど、ぼくが未熟でごめんね。

今は言えるよ。心からの「ありがとう」を。

そして最後に、もう一言だけいわせて。

カフェで大声出さない教養を身につけてから出直してこい!二度と会いたくないわ!

-雑記

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.