読書

読書にオススメな3種類のペンを紹介するよ!

今日はぼくが普段読書をしているときによく使うペンを紹介!

読書は線を引いたり、文字を書いたりすることで、記憶の定着に繋がりやすくなったり、後から読み直す時に、重要だと思った場所がわかりやすいので、ぜひペンを使いながら読書をしましょう!

4色ボールペン【LAMY ラミー 2000 】

定番の多色が入っているボールペン。

ぼくが使っているのはLAMYという会社から販売されている4色ボールペン「LAMY  2000」。

実はこのボールペンものすごく高いんですよ……。

Amazonで買った当時、5000円ちょっとしました。

今調べてみたら6000円以上していますね……。

なんでそんな高価な多色ボールペン使っているんだ!この見栄っ張りが!ただの自慢か!!というお声も聞こえてくるので、不愉快な思いをした方がいたらすいません……。

ただぼくは、デザインがものすごく気に入って、どうしても欲しくて、数日悩んだあげく購入しました。

購入代金は、フリマで私物を売って作りました。笑

でも奮発して購入したかいはありましたよ!

デザインもさることながら、このボールペンって「振り子式」という、色を変える方式を使っていて、使いたい色を上にしてノックすると、その色が出ます。

だから、一般的な多色ボールペンにありがちな、色を変えるたびに出る「カチカチ」という音が出ません。

サラリーマンは、会議中のときなんか、使うのに便利なボールペンかも!

でも、一つ欠点があって、購入時に入っている海外製のインクは、出始めがかすれて発色もあまりよくないんですよ。

だからすぐに別の国産品インクに変えたほうがいいです。

色を国産品に変えたら、100点満点のボールペン。

もちろん、多色ボールペンにそんなにお金をかけられない!という人は、安い数百円の多色ボールペンでも十分問題ないですよ。

カラーボールペン【フリクションボールノック】

黒と赤の単色ボールペンを使うこともあります。

使っているのは「フリクションボールノック」。

書き心地もスムーズで使いやすいです。

それに、なんといってもこのボールペンのいいところは、インクを消せるところ!

ボールペンの欠点は、間違って書いても消せないところですが、フリクションボールノックは特殊なインクを使っているので、間違ってもペンの後ろについている透明な部分でこすると、熱に反応してインクが消えます。

もし、ボールペンで本に書き込むの抵抗があったり、間違っても消せないのがいやで使うのに抵抗がある人は、消せるタイプのボールペンが非常にオススメですよ!

値段も文房具屋で200円くらいで買えますよ!

速記用シャープペン【プレスマン】

最近一番使っているのが、速記用シャープペン「プレスマン」。

「速記用ってなに?」と思うかもしれませんが、そのまんま速く書くためのシャープペン。

ぼくが尊敬する読書家の佐藤優さんや、池上彰さんが、本を読むときは速記用のシャープペンを使っていると知って、ぼくもまねをして使ってます。笑

これがものすごく使いやすいんですよ!

なんといっても、すごく軽い!

実際に持ってみないと伝わりませんが、普通のシャープペンより確実に軽いです。

だから書いていて疲れないんですよ。

このプレスマンは芯の太さは0.9と、一般的なシャープペンより太いんですが、力をいれなくてもスラスラと書きやすくて、さすが速記用という感じ。

シャープペンなら、書いても消すこともできるし、先ほどのフリクションボールノックと同様に、間違って書いた時に消したい人にはオススメのシャープペンですよ!

値段も、文房具コーナーで300円くらいなので、お財布にも優しいです。笑

ぼくは自分の部屋に2本、カバンに1本と全部で3本あるくらい気に入って使っています。笑

最後に

ペンを使った読書はとても有効な方法なので、今まで使っていなかった方は、ぜひこの機会に使ってみてください!

自分のスタイルにあったペンを探すのもいいですし、今回紹介したペンで使ってみたいものがあったら、ぜひ使ってみてください!

ぼくの今の一押しは間違いなくプレスマンですね!

ABOUT ME
hisato
hisato
札幌在住、39歳。読書好きで年に130冊以上読みます。インターネット、書籍、あらゆるところから情報をインプットするのが趣味。情報を知っているか知っていないかで、人生って大きく変わるんだよなぁ。