読書

マンガなんかより活字を読むべき!その考えハッキリいって【完全に間違い】

 

悩んでいる人
活字で難しい本を、マンガでわかりやすく説明している本があるけど、マンガなんか読んでも意味ないから、活字を読むべきなのかな?

 

こんな疑問にお答えします。

 

2年くらい前から出版業界で、「マンガで読む」シリーズの本が増え出しています。

 

こんなのとか。


 

本の内容が理解しにくい昔の古典や、最近人気だけどちょっと内容が難しい本などが、続々とマンガで出版されます。

 

以前にブームになっ「たサピエンス全史」も、「まんがでわかるサピエンス全史の読み方」として、後から発売されています。

 

「活字」と「マンガ」両方が発売されていると、生まれる疑問がこれ。

 

「活字」と「マンガ」どっちを読んだらいいの?問題。

 

「マンガでサクッと読んだ方がいい気もするし、活字でしっかり読んだほうがいい気もするし…。」と悩むところ。

 

読書が好きな僕なりに、もう答えは出ているのでお話しします。

 

一応、年に130冊以上は読んでいる読書好きなので、読み方に関しては参考になると思いますよ!

 

活字?マンガ?どっちがためになるの?

 

一般的に世間の認識として思われているのは、活字のほうが内容が濃くて、マンガの方は内容が薄い。

 

これに関しては、ある程度はその通りだと思いますね。

 

マンガは「わかりやすく」をコンセプトに作られているので、どうしても活字より内容の深みや、情報量が少なくなることは仕方がないです。

 

読書家には「マンガでわかる系の本なんて読まないで、活字を読むべき!」と、強くいう人もいます。

 

以前に「かりそめ天国」という番組で、視聴者からの投稿内容が、マンガで読む派の投稿者が、読書好きから活字で読まないと失礼と言われた」という内容でした。

 

この放送をみて、「活字で読まないといけないなんて、完全にその意見は間違っていると」と腹が立ちました。

 

どちらを読んでも不正解ではない

 

僕の考えは「どちらを読んでも間違っていない」です。

 

はっきりいって、マンガをバカにした人の考えは、100%間違っています。

 

そもそも読書で大切なことってなんだと思いますか?

 

それがわかってないから、マンガなんて読まないで活字を読みなさいとか、平気で言っちゃう人がいるんです。

 

読書をする大切な理由は、「知識を増やす」ことです。

 

著者の考えや物語に読書を通じて触れ、著者の知識を自分の知識として蓄えていく。

 

その知識が、仕事や人間関係、普段の生活など、人生の大切な糧となります。

 

つまりは、内容を理解できれば、マンガでも活字でもどっちでもいいよ。ということ。

 

活字を読むべきとか、一方的な考えで押し付けてくる人に限って、活字を読んでいることに満足して、内容が頭にまったく残ってないですよ。

 

「活字を読まないと意味がない!」と、根拠のないことを言って、内容が一つも頭に残っていないバカより、マンガを読んで少しでも内容が残っている人の方が、100倍価値がありますから。

 

活字とマンガの上手な使い方

 

難しい内容の本は、マンガから読むのがオススメ!

 

例えば、マルクスの「資本論」なんて、原書は言い方が回りくどいし、難しい言葉なんかも多く使っているので、ものすごくわかりにくいです。

 

あまりに難しくて、何度読んでいる最中、寝てしまったことやら。(笑)

 

そういった場合は、「まんがで読破 資本論」からはいって、どういったことが書かれているのか、だいたいの大枠を理解します。

 

話しの大枠をつかんでから原書を読むと、ものすごく理解しやすいです。

 

もう一つマンガの利点があります。

 

マンガは人物や状況が描かれていて、「文字+描写」の両方が、視覚を使って脳へ伝わるから、記憶に残りやすいです。

 

活字だけの本の内容はすぐに忘れてしまうけど、ドラマやマンガの内容って、1年経ってもある程度覚えていますよね。

 

あれです。

 

活字で読もうが、マンガで読もうが、どっちも正解です。

 

あまり時間がない人にはマンガがオススメ!

普段なかなか読書をする時間が取れない人なんかにも、マンガは非常にオススメ。

 

マンガのいいところは活字も少なくて早く読み終わることができ、ある程度本の内容も理解することができるところです。

 

忙しくてまったく本を読む時間がない人は、ぜひマンガをうまく活用して、少しでも知識を増やすことが、全く本を読まない人より、のちに大きな知識の差として出ますよ。

 

慣れてきたら活字に挑戦する

それでもやっぱり活字の本のほうが、内容は深く書かれていることが多いので、普段から活字の本も少しずつ読むようにするといいですよ。

 

普段読書をしていない人は、活字に抵抗感があるかもしれませんが、そんな人は薄い本や、内容がわかりやすそうな読みやすい本を選んで、徐々に活字に慣れていきましょう!

 

最後に

 

活字でもマンガでも、内容が理解できて、知識として身につくなら、どっちでもいいんですよ。

 

まわりの意見なんて、まったく気にする必要はありません。

 

読書は自分のためのもので、他の人のためではありません。

 

自分が理解しやすい方法で読書をしていきましょう!

 

-読書

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.