節約

節約ができない人は、節約をするお金の【種類】を間違えている

節約ができないという人は大勢いますよね。

ついつい衝動買いをして、今月の生活がピンチなんてことはよくある話。

今月こそは節約する!と決めても、結局いつも急な飲み会に誘われたり、予定外の出費で、節約できずに終わって、自分って節約ができない人間だと思っているなら、僕が節約をうまくするためにどうしたらいいかお話ししますよ。

実は節約って2種類の方法があって、それを知っていると、グッと簡単に節約ができるんですよ。

節約ができない人は、残った生活費を節約しようとするから失敗する

一般的な節約って、生活費を削ることを意味しています。

今月の給料の残りは3万だから、節約して少しでも多く貯金しよう!みたいな。

でも、欲しい物が売っていたり、仕事のストレス発散に、飲み会に行ったりと、月初めに決心していた「節約」が無残にくずれます。

僕も昔は「毎月節約する!」と意気込んではみたものの、誘惑に負けて毎回節約できませんでした。

「自分は意志力が低いから誘惑に弱くて、節約は絶対にムリ!」

「でも節約をしたい・・・」

と悩んでいる人は、まだまだ諦める必要がありません。

節約する分野を変えるだけで、意志力なんて関係なく、簡単に節約ができるようになるんですよ。

その方法を教えます。

節約すべきは【固定費】

実は節約には2種類の方法があります。

  • 支払いが終わった後の生活費を節約する方法
  • 毎月の固定費を節約する方法

これを知ることが、節約生活ができる状況へ大きく近づきます。

なかなか節約ができない人は「支払いが終わった後の生活費を節約する方法」で節約をしようとするから、節約ができません。

この方法だと毎日の誘惑に打ち勝たないと、節約が出来なくなるので、ハードルが高いんですよ。

そこで、もっと節約のハードルを低くしてやる必要があって、それが「毎月の固定費を節約する方法」。

節約したい人は、固定費の節約から始めるのが正解なんです。

固定費の節約とは?

固定費は「家賃」「水道光熱費」「通勤代」「スマホ代」「保険料」「ネット月額制サービス代」など、毎月自動的に支払っている料金のことです。

固定費を節約するのが、最初に取り組むべき節約です。

例えば、家賃を今より1万円低い部屋に引っ越すと、節約を意識しなくても、毎月自動的に1万円節約していることになします。

これが節約できない人が、簡単に節約をできるようにする方法。

固定費の節約方法をいくつか説明するとこんな感じ。

家賃

今より安い家に引越しをする。引越し代金はかかりますが、転勤などの予定がないのであれば、長い目で見ると年に数万円から数十万円の節約になるので、今の家にどうしても住まなければいけない理由がないのであれば、引越しをする。

水道光熱費

水道代は節約が難しいですが、電気代は電力自由化によって、自分で自由に電力会社をきめることができます。

日本は最近電力自由化になりましたが、まだまだ浸透していないので、電気を今までの会社のままということが多いです。

住んでいる地域で、今より安い電力会社がないか調べることで、年間に数万円の節約も可能。

僕は電力自由化になってすぐに電気会社を変更して、年に1万円くらい安くなりました。

以前に電気代についての記事を書いていますので、興味のある方は読んでください。

[box05 title="合わせて読みたい"]電力自由化で年間数万円お得になるかも[/box05]

通勤代

仕事へ行くときの通勤代も工夫次第で節約できます。

地下鉄を使って通勤しているなら、自転車に変えるだけで、地下鉄代金が節約できます。

自転車なら健康にもいいですし、節約もできて一石二鳥です。

通勤の乗り物を色々と変えてみて、節約ができるような方法があるなら取り入れる。

スマホ代

大手キャリア「ドコモ」「ソフトバンク」「au」を使っているなら、格安simに変更することで、毎月数千円節約することができます。

時間帯によってはネットの速度が遅くなったりもするようですが、あまりネットをやらないのであれば、検討してみる価値はあり。

もし大手キャリアがどうしてもいいのであれば、家族がいるのでしたら、全員同じ会社で契約して、家族割を受けるのも方法ですね。

僕も妻がソフトバンクに変更して、今は家族割を受けて少し安くなりました。

保険料

個人的になんらかの保険に入っているのなら、一度保険を見直すこともオススメ。

今はものすごく色々な保険があって、今と同じ条件か、それ以上にいい条件で、保険料が安いなんてこともあります。

ネットでも調べることができますし、自分では調べるのが面倒なら、街中にある保険の窓口へ行って、調べてもらうのがいいですね。

その際にポイントは、一箇所だけに行くのではなくて、最低二箇所は行くように。

窓口の人によっては、自分の都合がいい案件だけを押し付けてくることもあるので、複数の人からアドバイスを受けましょう。

ネット月額制サービス代

「サブスクリプション」って言葉知っていますか?

最近色々なところで、この言葉を目にするようになったのですが、簡単に言うと「月額固定費を支払うことで受けられるサービス」のこと。

インターネットの普及で、ネットを使ったネット月額制サービスが一気に増えました。

Netflixなら月額費を支払うと、動画が見放題になりますよね。あれです。

Amazonプライムもそうですよね。

これらのネット月額制サービスは、案外毎月支払っているけど、使っていないものがあるなら解約しましょう。

一つ解約するだけでも、年間で数千円から数万円の節約になります。

節約をできない人は固定費の節約がオススメ!

節約が今までできなかったという人は、きっと残った生活費から頑張って節約をしようとしていたから、できなかったんです。

そうではなく、意識しなくても楽に節約できる「固定費」から節約することをオススメします。

人によっては、固定費を色々と今より安くすることで、年間で数十万円の節約をすることもできると思いますので、ぜひ固定費の節約に取り組んでみてください。

-節約

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.