雑記

カフェのコーヒーは高いと言われますが、いやいや、安いですよ。

カフェのコーヒーは高いと言われたりしますが、本当に高いと思いますか?

スタバのようなチェーン店で300円前後。個人店のカフェでしたら500円前後が相場。

確かにコンビニやスーパーで缶コーヒーは100円前後で購入できますし、ちょっといいカフェラテなんかでも100円〜200円。

そう考えると、一見確かに高いように見えますが、それはコーヒーだけの価格でみているから。

この記事を読んだらきっと、カフェのコーヒーは安いと考えなおしますよ。

カフェのコーヒーの原価は?

コーヒーの原価はカフェや喫茶店などでは10%〜20%と言われています。

お店によって、こだわりの厳選豆で焙煎している場合など、もう少し原価率が高い店もありますが、基本は10%〜20%。

500円のコーヒーなら50円〜100円が原価。

こう聞くと、「カフェや喫茶店って儲かっている!」と思うかもしれませんが、それほど儲かってはいませんよ。

ここから人件費、家賃などの経費がかかるし、カフェや喫茶店はお客さんの回転率が悪いですからね。

一杯のコーヒーで1時間とか2時間いることが普通ですから。

そう考えると、それほど儲からないことが想像できます。

カフェの価格は場所代

コーヒーで500円なんて、高すぎると感じるかもしれませんが、どういった理由で利用するかによって、価値はかわると思います。

例えば、ただコーヒーが飲みたくなったので、カフェでコーヒーを注文したなら500円は高いですよね。

コンビニでコーヒーを買えば、たった100円ですみますから。

でも家やコンビニで飲めないような、おいしいコーヒーを飲みたいなら、500円でも満足のはずです。

これはコーヒーでなくても、ラーメンでもいいんですが、家で作ったりコンビニで買うより、お店でおいしいものを食べたいと思ったら、ラーメンでも高いお金を払います。

あれといっしょ。

そして、一番カフェでの価値って「場所の提供代」でしょうね。

ぼくがカフェを利用する理由もこれ。

「静かな場所で好きなコーヒーを飲みながら、ゆっくり読書をする」

このためにコーヒーに500円を払うことなんて、まったく高いと思いません。

むしろ安すぎ。

読書家の斎藤孝さんは、15分とかちょっとした空き時間があれば、すぐにカフェや喫茶店に入って本を読むそうです。

これも斎藤さんにとっては、たった15分でも集中して読書できる場所を確保するための、コーヒー代500円は、コスパ的に安いから。

「仕事」「勉強」「読書」など、家でやるより、絶対カフェや喫茶店でやった方が、はるかに集中できてはかどるから、場所代を提供してもらってると考えるようにすると、500円のコーヒーもきっと高いと思いませんよ。

最後に

カフェや喫茶店のコーヒーは、いっけん高そうに見えるけど、何に価値をおくかによっては全然安いです。

僕の場合はおいしいコーヒーもそうですが、「読書空間」のためにお金を払っていますから。

もし、カフェや喫茶店のコーヒーは高いと、今まで敬遠していたなら、いちど価格以外のところで、自分にとって値段以上の価値がありそうでしたら行ってみるといいですよ。

僕はカフェがない生活は考えられません。

 

-雑記

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.