雑記

16歳の少年が大会で優勝して【賞金3.3億円!】夢があるけど、参戦はオススメしない

16歳のアメリカ人の少年が大会で優勝して、日本円で3.3億円の賞金を獲得したというニュースが。

≫ フォートナイト世界大会、16歳がソロ部門優勝 賞金3.3億円獲得

しかも、なんの大会かというとフォートナイトというオンラインゲーム。

フォートナイトは、世界中の人たちとフィールドで倒し合うゲーム。

ぼくも最近、有吉eeeeって番組で、タカトシや有吉がプレイしてるの見て、初めて知ったんだけど、かなり人気があるゲームで、全世界で2億人もプレイ人口がいるそうな。

てか、小学生の息子がSwitchやってたので、何やってるか覗いたら、フォートナイトやってた。笑

若い世代に大人気だな。

それにしても16歳ですでに億を稼ぐって…。

毎日毎日コツコツと働くのがバカバカしくなるわ。笑

まぁ、ぼくのちんけな感想はさておいて、「ゲームで賞金を3.3億円獲得!」なんてニュースがあると、「ゲームでそんなに稼げるんだ!オレもやろう!」って人、一攫千金を目指す人が絶対増えてくると思うんですよ。

最近、億を稼ぐユーチューバーに憧れて、目指す人が増えたみたいに。

でもね、その考えめちゃくちゃ甘いですよ。

どうして甘いかは、この後説明するよ。

賞金目当てで初めても絶対勝てない

3.3億円という、インパクト大な今回のニュースで、フォートナイトを始める人が大勢でてくると予想されますが、間違いなく大半の人が途中で挫折します。

こういった大会に出る人って、毎日6時間とか、長い人だと10時間以上も練習してる人たちばかりなんですよ。

言うなれば、フォートナイトが、なによりも大好きな変人レベルの人。

その人たちより上手くなるには、最低でも同じくらい練習時間が必要。

となると、社会人でこれから始めるとして、仕事以外の時間で、毎日最低でも6時間以上の練習環境を確保できるかって話し。

普通に考えて無理だよね。

今回の大会だって、若い学生がかなり多いようだけど、練習時間を確保するために休学したり、通信制に通ったりしてるんですよ。

もうねぇ、賞金目当てにこれから始めようと、軽い気持ちでやる人と、熱量がまったく違うのよ。

彼らは賞金が欲しいがためにやってたんじゃなくて、本当にフォートナイトが大好きで、誰よりも上手くなりたくて、全てなげうって練習に明け暮れた人。

結果、お金が後から自然とついてきた人ばかり。

しかも、その人たちの中で、大金を稼ぐのは、さらに一握りのトッププレイヤーだけ。

そんな世界で戦い続けて、大金を稼ぐ自信がありますか?

ぼくは今回のニュースを見て、これから始めてみようと思う人には、一旦よく考えてからにした方がいいよと言いたい。

いろいろなゲームの大会がある

今回のようなオンラインゲームの大会を最近「eスポーツ」と言うんですが、フォートナイト以外にもさまざまなeスポーツの大会があります。

格闘ゲームも、今は世界的にものすごい盛り上がりで、毎年行われる「EVO」という、色々な格闘ゲームの世界一を決める最大規模の大会は、毎回大きなニュースになるくらい話題になります。

その中でも、「ストリートファイター5」というゲームが今は一番人気で、ぼくも対戦動画などyoutubeで見てます。

ここでも言えることは、トッププレイヤーはみんな変態レベル。

大会で優勝する人たちの練習動画は、ほんとすごいですよ。

1フレーム(0.1秒)単位のキャラクターの動きに合わせて、反応する練習とかひたすらしてますから。

どのジャンルのゲームでも、普通の人からしたら考えられないような、深いレベルで練習してるんですよ。

「たかがゲーム」と馬鹿にする人もいるかもしれませんが、実は普通の人なんかよりはるかにものすごい努力家の集まりだったりするわけですね。

eスポーツはこれからどんどん拡大していくのか?

ぼくは今後ますます大きくなって、数億、数十億稼ぐような人がバンバン生まれるとは思いませんね。

今は、これまでなかった新しい分野だから注目を浴びて、世界中で盛り上がっている状態。

盛り上がると注目も浴びるから、数億円って賞金を企業が出すわけでしょうが、このeスポーツの盛り上がりが落ち着いた時に、スポンサーが数億円の大金を出すかというと、難しいでしょうね。

スポンサーもあくまで自社の宣伝目的での資金提供なので、人気が落ち着いて、宣伝効果が薄くなったら、大金は投入しなくなるかなと。

先日youtubeで格闘ゲーム界のカリスマ梅原さんも、今後のeスポーツに関して、同じような意見を言ってたなぁ。

https://youtu.be/3AaKKUVyvPU

それでも一度やってみることはいいこと

あれこれ批判的な話もしたけど、一度チャレンジしてみるのはいいことだとは思います。

もしかしたら、全てなげうってできるくらい、熱中するかもしれないし。

ただ賞金目当てで、好きでもないゲームをやり続けると挫折するよ。って話し。

ぼくも10代はゲームがなにより大好きで、1日10時間とか平気でやってたくらい、熱中していたのが懐かしい。

街のゲーセンに行って、格闘ゲームで48連勝したくらいゲームオタク。

次々と新しい人が勝負を挑んできて、返り討ちにしていくの楽しかったなぁ。

勝ち続けると、100円で何時間でも遊べたから、お金もかからないし最高だった。

あの時代に今の環境があったら、別の人生歩んでたかも。笑

-雑記

Copyright© ヒサトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.