お金を増やす

LINEで仮想通貨サービス開始!すぐやろうと思ったんだけどできなかった理由…

こんにちは!hisatoです。

これはいち早くお伝えせねば!ということで、9月17日からLINEで仮想通貨の取引ができるサービス「BITMAX」が開始されました!

ぼくはいつか「LINEで仮想通貨取引できるようにならないかなぁ」と思ってたけど、本当にできるようになったよ!これはうれしい!

仮想通貨は株などの「投資」と違い、ギャンブル性の強い「投機」という位置付けですが、まぁ、たしかにその通りだとぼくも思います。

だから、今までずっとやってこなかったわけですが、最近ちょっと考え方が変わって、無数にある仮想通貨の種類でも「ビットコイン」は比較的、投資対象としてみることができるんじゃないかな?と。

1ヶ月、1年と短いスパンでみると、まだまだ乱高下が激しい投機対象ですが、数年、数十年とみていくと、これから安定して上がっていく可能性が十分あると感じられるので、投資としてやるのもありかな、と思うんですよね。

一時30万円台まで価値が下がりましたが、最近は安定して100万円台ですからね。

それと、「世界中で話題になっている仮想通貨をやったことがないのは、ブログで情報を配信している者としてどうなのよ?』とも思うように。

そんなわけで、先日、仮想通貨を売買できる取引所の開設申請をしたのですが、開設に必要な用紙が送られてくるのを待っている状態で、開設に手間がかかっています。

この辺もLINEなら面倒な手続きなど必要なく、すぐに始めることができるようなので、その辺も詳しく説明していきます!

簡単に始めることができる

LINEで仮想通貨の取引をするには、まずはLINEウォレットの画面から「BITMAX」を選択して、本人確認に進む必要があります。

でもね、ここで残念なお知らせが。

なんと、BITMAXは現在「Android版」のLINEでしか始めることができません。

iPhoneの「iOS版」のLINEには「BITMAX」の項目はありません……。

ぼくはiPhoneなので、確認したところありませんでした……。

念のためLINEを最新版にアップロードして、悪あがきをしてみたけど、もちろんできませんでした。

いやいや、これだけぼくを興奮させておいて、できないなんてどうなってるのLINEさん?

どっちでもできるようにしておいてくださいよぉ。泣

まぁ、そんなことを言ってもしかたがないので、「Android版」の方のために説明すると、LINEウォレットからBITMAXをタップすると、本人確認をする画面に移り変わります。

本人確認については、「銀行口座登録と身分証確認」「スマホでかんたん本人確認」「郵送で本人確認」の3種類が用意されているようです。

楽なのはネット上で完結できる「銀行口座登録と身分証確認」「スマホでかんたん本人確認」で、手間がかかるのが「郵送で本人確認」ですね。

すでに「LINE pay」で本人確認がすんでいる場合は、登録を短縮できるようなので、そのへんは嬉しいですね!

詳しくは「BITMAX本人確認」を読むといいですよ。

セキュリティは大丈夫なのか?

取引で心配なのは「セキュリティ」。

一応、LINEのお知らせページにはこう書かれています。

「世界最高水準の技術を提供するBitGo Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO & Co-founder:Mike Belshe)のウォレットを採用し、万全の態勢を敷いております。

なんかスゴそうではあるけど、「BitGo(ビットゴー)」なんて初めて聞くし、どんな会社か調べてみました。

BitGoはどんな会社なのか?

BitGoは調べてみたら、仮想通貨の流出などを防ぐための米国企業で、わかりやすく言うと、仮想通貨を盗もうとする人から守ってくれつつ、仮想通貨も一部取り扱っている「仮想通貨販売会社であり警備会社」

記憶に新しいのは、2018年1月に起きた「コインチェック」という仮想通貨の取引所から、580億円分の仮想通貨の流出事件がありました。

こういった危険を防ぐための警備会社がBitGOで、世界中で取引される仮想通貨の約15%をサポートする業界最大手の企業です。

もちろん、今まで仮想通貨の流出など起きたこともなく、日本では金融庁と情報交換をするために来日したり、金融大手のSBIホールディングスも提携しているので、信頼性はかなり高い企業。

セキュリティに関しては安心して問題なさそうですね。

仮想通貨を始めるならビットコインだけがオススメ

今回のLINEの「BITMAX」は「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「ライトコイン(LTC)」の5種類の有名どころの仮想通貨を取り扱いします。

仮想通貨はだれでも作ることができるので、新しくできた仮想通貨を安い時に購入して、価値が高まり、数十倍、数百倍、数千倍となったときに売って、一攫千金を狙うことも可能。

でもそうなると、どうしてもギャンブル性が高くなるので、ぼくは一番信頼性の高い「ビットコイン」だけを購入するのが一番リスクが低いかなと。

有名な大手企業のほうが、倒産のリスクが少ないのと一緒。

仮想通貨はまだまだ成熟しきれていない分野で、これからビットコインの価値がもっと高まって行く可能性は十分あると思いますので、ぼくはビットコインを購入して、とりあえずは長期運用をして様子をみてみます。

今回のLINEで仮想通貨ができるようになったことで、興味が湧いた人は1000円以下でも購入できるようなので、やってみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
hisato
hisato
札幌在住、39歳。読書好きで年に130冊以上読みます。インターネット、書籍、あらゆるところから情報をインプットするのが趣味。情報を知っているか知っていないかで、人生って大きく変わるんだよなぁ。