お金を増やす

えっ?現役の街金が本を出版している!?

街金って聞いてどんなイメージもちます?

ぼくはすぐに思い浮かぶのが「闇金ウシジマくん」のイメージ。

というか、ほぼ全ての人が、ウシジマくんか、玄関のドアの外で「金返せゴラァー!」てきな、怖い裏社会人が取り立てに来るイメージありますよね?

一度闇金に手を染めたら、もう人生終わるみたいなそんなイメージ。

なんでいきなり街金の話をしたかというと、先日いつものように、書店で面白い本がないか物色してたところ、こんな本があったんですよ。

ぼく、街金やってます

見た瞬間びっくりしましたよ。

「えっ!街金って法律無視のヤバい人達でしょ!本なんて出せるの!?」って。

カバーも怪しいし……。

猛烈に気になったんで、ソッコー買って読ました。

著者は、今でも街金をやってるその道のプロ。

そしてわかったのが「街金=闇金」ではないということで、どういった違いがあるのか、街金と闇金の違いについて説明するよ

【街金と闇金の違い】実は分類的には有名なあの金融業者も街金と一緒

著者のテツクルさんの説明では、

街金は国や都道府県に貸金業者として登録して、強烈な監視の下でお金を貸しているのが街金。

だそうです。

もう少し詳しく調べてみると、街金は中小規模の消費者金融業者のことで、有名な消費者金融のプロミス、アコム、アイフルなども同じ分類。

でもプロミスなどのように全国展開しているチェーン店ではなく、その地域だけで営業している金融業者のことを「街金」と呼ぶそうです。

地域密着型で、国に営業届けを出して、法律の下で営業しているのが「街金」ですね。

金利はやっぱり高いの?

金利は業者ごとに違います。

金利の上限は、数%から上限は20%までのようです。

といっても、20%なんてかなり高いですね。

20%で100万借りたら、返済は120万ですから……。

著者のテツクルさんは15%で貸し付けているようなので、街金の中では良心てきなのかな?笑

街金はどういった人が借りるのか?

お金を借りるには、別にこんな高い金利を支払わないで借りる方法もあります。

銀行や金融公庫など、融資してくれる機関を利用すれば、今の低金利時代なら、普通1〜3%くらいで借りられますからね。

それなのに、なぜ高い金利を払ってまで、街金からお金を借りる人がいるのかというと、2つの理由があります。

1つめの理由 「審査のゆるさ」

街金は、銀行や金融公庫のような中小企業にお金を貸す機関より、審査がかなりゆるいので、銀行からお金を借りられなかった人たちがお金を借りにいきます。

事業がうまくいってないからお金を貸してもらえなくなったとか、過去に銀行とトラブルがあって、貸してくれないとか。

他には借金漬けで、もうどこからも貸してもらえる場所がない人なんかも……。

色々な理由で「どうしてもお金が必要だけど、審査が通らないから、多少金利が高くても街金から借りるしかない人」が、街金を利用するようですね。

2つめはお金をすぐに借りられる

銀行から融資を受けようと思えば、審査から数週間はかかりますが、街金はすぐにお金を貸してくれるところが多いようです。

どうしても今週中にまとまったお金が必要だけど、銀行からの融資を待っている時間がないという人には便利な街金。

そう考えると、街金で救われた人も少なからずいそうですね。

あと、急なまとまった投資資金が必要になった人なんかも、利用している人がいるようです。

20%の金利でも街金からお金を借りて、投資で利息分を返しても儲けがでるのなら、すぐにお金を融資してくれる街金は使えますよね。

危険だから素人はやっちゃいけませんけど。

学生ローンって街金なみに金利高くない?

街金の実態を知って改めて思ったのが、学生ローンの金利の高さ。

学生ローンが【金利17%】って。ウシジマくんの金主より高いじゃねえか 闇金ウシジマくんって知ってます? 自分の欲求を満たしたいがために、カウカウファイナンスというウシジマ社長の高金利の闇金会社...

街金なみに高い金利の学生ローンもあるし、どう考えても国は金利の上限をもっと低くするテコ入れをするべきだと思うんだよなぁー

テツクルさんはツイッターをやっています!笑

とは言っても、やっぱり街金ってどこか怖いイメージありますよね。

裏社会の人みたいな。

そのイメージをぶっ飛ばすのがテツクルさん。

なんとツイッターやってます!笑

結構頻繁にツイートしていて、街金に関連した面白ツイートをしたりしているので、興味があったらのぞいて見るといいですよ!ぼくはフォロワーになりました。笑

本も面白いですよ。

ABOUT ME
hisato
hisato
札幌在住、39歳。読書好きで年に130冊以上読みます。インターネット、書籍、あらゆるところから情報をインプットするのが趣味。情報を知っているか知っていないかで、人生って大きく変わるんだよなぁ。