読書

マンガより活字を読むべき!いえいえ、その考えは間違っていますよ!

1年くらい前から出版業界で、ある種類の本が増え出しています。

それがマンガシリーズ!

こんなのとか。

» まんがで人生が変わる! 武士道: 世界を魅了する日本人魂の秘密

元々ちょっと難しい内容の本や、以前人気だった活字の売れた本を、さらに読みやすく、わかりやすくして、マンガで出版されます。

以前にブームになったサピエンス全史なんかも、「まんがでわかるサピエンス全史の読み方」として、後から発売されています。

そうなると出てくる疑問がこれ。

「活字とマンガどっちを読んだらいいの?」

マンガでサクッと読んだ方がいい気もするし、活字でしっかり読んだほうがいい気もするし……と。

それについて読書が好きなぼくなりの回答をお答えします。

一応、年に130冊以上は読んでいる読書好きなので、読み方に関しては参考になると思いますよ!

活字?マンガ?どっちがためになるの?

一般的に思われているのは、活字のほうが内容が濃くて、マンガの方は内容が薄い。

これに関してはある程度はその通りだと思いますね。

マンガは「わかりやすくする」ことをコンセプトに作られているので、どうしても活字より内容は物足りなくなることは仕方がないです。

だから、読書家は「マンガでわかる系の本なんて読まないで、活字を読むべき!」と、強くいう人もいます。

以前にかりそめ天国という番組で、視聴者から送られてきた投稿内容が、マンガで読む派の投稿者が、読書好きから活字で読まないと失礼と言われた」という悩みでした。

この放送をみてぼくは「はぁ?何言ってんだ?」と思いましたね。

どちらを読んでも不正解ではない

ぼくの回答は「どちらを読んでも間違っていない」です。

かりそめ天国の投稿者の例からいえば、ハッキリ言って、マンガをバカにしたその人の考えは間違ってますね!アホかと。

そもそも読書で大切なことってなんだと思いますか?

それがわかってない人がいるから、マンガなんて読まないで活字を読みなさいとか、平気で言っちゃう人がいるんですよ。

読書をする大切なことって、知識を増やすことだと思うんですよ。

本を読んで内容を理解して、自分の知識を増やしていく。

その知識が、仕事や人間関係、普段の生活など、人生の大切な糧となる。

つまりは、内容を理解できれば、マンガでも活字でもどっちでもいいということ。

活字を読むべきとか、偏った一方的な考えで押し付けてくる人もいますが、そういう人って結局本を読み終えても、内容が頭に残っていないんですよねー。

ただ活字を読んでいることに満足して終わっているから。

読書家と自慢するばかりで、内容がまったく頭に残っていないようなバカな人より、内容が少し薄くても、マンガを読んで内容が残っている方が価値がありますから。

マンガは人物や状況が描かれているから、「文字+描写」の両方が視覚を使って脳へ伝わるから、記憶に残りやすいんですよ。

読んだ本の内容はすぐに忘れてしまうけど、ドラマやマンガの内容って、1年経ったとしてもある程度覚えていますよね?

あれです。

だからぼくは、活字で読もうがマンガで読もうがどっちも正解だと思います。

活字とマンガの上手な使い方

難しい内容の本は、マンガから読むのがオススメ!

例えば、マルクスの「資本論」なんて、原書は言い方が回りくどいし、難しい言葉なんかも多く使っているので、ものすごくわかりにくい。

そういった場合は、「まんがで読破 資本論」からはいって、どういったことが書かれているのか、だいたいの大枠を理解します。

それから原書を読むと、ものすごく理解しやすいです。

ぼくも昔の人が書いた難しい本を読むときは、マンガから入ることもよくあります。

あまり時間がない人にはマンガがオススメ!

普段なかなか読書をする時間が取れない人なんかにも、マンガは非常にオススメ。

マンガのいいところは活字も少なくて早く読み終わることができ、ある程度本の内容も理解することができるところです。

忙しくてまったく本を読む時間がない人は、ぜひマンガをうまく活用して、少しでも知識を増やすことが、全く本を読まない人より、のちに大きな知識の差として出ますよ。

慣れてきたら活字に挑戦する

それでもやっぱり活字の本のほうが、内容は深く書かれていることが多いので、普段から活字の本も少しずつ読むようにするといいですよ。

普段読書をしていない人は、活字に抵抗感があるかもしれませんが、そんな人は薄い本や、内容がわかりやすそうな読みやすい本を選んで、徐々に活字に慣れていきましょう!

最後に

活字でもマンガでも、内容が理解できて、知識として身につくなら、どっちでもいいんですよ。

まわりの意見なんて、まったく気にする必要はありません。

読書は自分のためのもので、他の人のためではありません。

自分が理解しやすい方法で読書をしていきましょう!

ABOUT ME
hisato
hisato
札幌在住、39歳。読書好きで年に130冊以上読みます。インターネット、書籍、あらゆるところから情報をインプットするのが趣味。情報を知っているか知っていないかで、人生って大きく変わるんだよなぁ。