雑記

世の中のダイエットをしている人へ。目標の体重にならなかったらそれって失敗?

こんにちは!hisatoです。

今日は世界中で毎日誰かがやっている「ダイエット」について語らせてください。

とうか、前から感じていた疑問を投げかけたい。

今現在ダイエットをしていたり、過去にダイエットに失敗していた人がいたら、ぜひ今日のブログは読んでいってほしいですね。

目標の体重を目指したが、ダイエットを失敗してしまった女性

あるダイエットを決意した女性がいます。

身長は160センチ、体重は70キロで、目標は1ヶ月でマイナス10キロの、体重60キロになること。

食事を抜くような無理なダイエットは健康に悪いので、今までより油物を控えて、サラダを多く食べるダイエット方法にします。

食後にスナック菓子を食べながら、ジュースを飲んでいたので、これもやめました。

すると1週間で3キロ痩せ、さらにもう1週間で2キロ痩せ、ダイエット開始から2週間で、あっという間に5キロ痩せました。

「これなら1ヶ月で10キロ痩せる目標は達成できる!」とモチベーションが上がります。

ですが現実は、そこから体重は今まで通りに簡単に減ってくれません。

人間の体はある程度までは、一気に体重が減るのですが、そこからは停滞期に入り、なかなか体重が落ちなくなります。

女性は、大好きな油物やお菓子、ジュースも控えているのに、思うように体重が減らない現状にストレスが溜まっていき、1ヶ月を迎える前にダイエットを辞めました。

「ダイエットしても、体重は目標には届きそうにないし、やるだけ無駄」と、以前の食生活に戻し、体重は元の70キロに逆戻り。

ーーーーーーーー

さて、この話は、よくあることで、職場の同僚や友達や家族、もしくは自分自身に経験がある人がいるかもしれません。

でもね、ぼくは昔からこういうのって、すごいもったいないなぁー、って思っていたんですよね。

なんでもったいなか、ぼくの意見はこうです。

目標達成できなかった=失敗ではない

何がもったいないかというと、ぼくからしたら目標の体重まで減らなかったとしても、ダイエット前よりは「痩せている」ことを無視しているから。

きちんとした食生活を送るようにして、1キロでも体重が減ったら、目標の体重まで落とせなくても、それって現状より確実に自分にとってプラスになっていることだから、ダイエットとしては成功じゃありません?

目標まで達成できなければ、ダイエットは失敗なんてことはおかしい。

今より改善しているなら、それは成功です。

目標が達成できなくてダイエットをやめてしまう人っていうのは、その目標までの過程を軽視しているんですよ。

目標はあくまで目標で、それまでの過程で自分にとってプラスになっているなら、それで十分成功なんではないでしょうか?

変に目標ばかりにとらわれ過ぎて、それまでの過程が無意味と感じ、元の生活に戻るくらいなら、目標なんて立てない方が全然いいですよね。

「油物やお菓子を控えて、野菜を多く取る」

これだけでも続けることができれば、十分すぎる成功です。

つまり、結果だけにとらわれるんじゃなくて、それまでの過程にもきちんと目を向け、なにか自分のプラスになることがあったなら、自信をもって成功したと胸をはればいいんです。

もし目標が達成できなくて、ダイエットをやめてしまった人がいたら、もう一度この考え方に切り替えてトライしてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
hisato
hisato
札幌在住、39歳。読書好きで年に130冊以上読みます。インターネット、書籍、あらゆるところから情報をインプットするのが趣味。情報を知っているか知っていないかで、人生って大きく変わるんだよなぁ。