読書

【1つ取り入れるだけ】で自分の望む生活に近づくことができるおすすめ本

なにか新しく始めたいことや、自分のきらいな部分を変えたってことありますよね。

英語を話せるようになりたい!とか、ダイエットを頑張りたい!とか、人付き合いが上手くなりたいとか。

ぼくも普段からそういった「こうなりたい。ああなりたい。」と頭の中で渦巻いてます。

そういった頭の中が、渦巻きグルングルンなぼくらに寄ってくるのが「自己啓発本」

書店に行ったら、「一週間で生まれ変わる方法」とか「願い続ければ夢は必ず叶う」なんて、自己啓発本が山のように待ちかまえています。

悩みを抱えている人は、こういったわかりやすい自己啓発本のタイトルにやられて、ついつい購入してしまいます。

でも自己啓発本って読んだら一瞬テンションは上がりますが、中身はたいしたこと書いてないから、生活に変化はありません。

ぼくも一時期、自己啓発本にハマって数十冊は読み漁りましたが、結果ほとんどなにも変わりませんでしたから。笑

でもたまにですが、結構いい自己啓発本もあったりするんですよ。

今日は本を読み慣れている人なら1時間、読み慣れていない人でも2時間もあれば読めるような本で、書かれている方法を1つでも取り入れることができたら、生活に変化が必ず生まれるよ、という比較的オススメな自己啓発本を紹介。

それが「自分の時間」という本。

人生をよりよくするための方法

文字も大きいし、薄い本なので、普段読書をしない人でも簡単に読める本。

全部で12章で構成されています。

本のタイトル「自分の時間」から想像すると、時間術に関する内容の本と思うかもしれませんが、時間術だけではなく本書で言いたいのは、

「1日24時間をどう使って、自分の人生をよりよくするか」

について。

これがわかりやすく簡潔に書かれています。

内容も実践的で、「これに書かれていることを1つでも今の生活に取り入れたら、生活に変化があるだろうなぁ」という内容ばかり。

ぼくが尊敬する作家の佐藤優さんも、本の帯で「この本でベネットがすすめる方法を、いくつか実践するだけで、あなたの人生が確実に変わる。」と書かれています。

読む価値は大いにありますよ。

ぼくがオススメする章

全部で12章あるなかで、ぼくがオススメする章を説明しておきます。

本を読んだけど、どれを実践したらいいかわからない人は、参考にしてみてください。

第1章 朝の1時間は夜の2時間以上の価値がある

この章で、このようなことを言っています。

仕事以外の何かをやるという点に関しては、朝の1時間は夜の2時間に匹敵するのだ。

本当にその通りで、朝の1時間は夜の2時間どころではなく、3時間以上の効果もあるといわれるほど。

これは脳には意志力(ワーキングメモリ)というものがあって、日々の生活でこれらの意志力を使って行動し、意志力が少なくなると、やる気がなくなったり、物事を考えられなくなります。

仕事終わりに疲れて、なにもやる気が出ないのもこのせい。

意志力について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでください。

お金を使いすぎる原因は【お金を使う時間帯】が影響している! 「あー、今日も気が付いたら、沢山お金を使っちゃったなぁ」なんてことは、一度は誰でも経験していますよね。 ていうか、一度どこ...

でも、この章で「早起きを続けた結果、睡眠不足になったとしても、そのときはそのとき」と書かれていますが、これは絶対にしないでください。

睡眠を削るのは、思考を鈍らせるし、さまざまな病気を引きおこす確率を上げることが、科学的にもわかっていることなので。

第6章 小さな一歩からでないと習慣は変わらない

この章もオススメ。

「ささやかなことから始めよ」と心から私が忠告するのは、私自身、これがいかに難しいことであるかを知っているからである。

これも納得の言葉。

習慣を変えるのに失敗しがちなのは、大きな変化を取り入れようとすること。

英語の勉強を始めようと思ったら、「毎日1時間勉強する」とか。

こんなの大抵の人は失敗します。変化が大きすぎるんですよ。

人の脳は、普段の習慣からの変化を極端にきらいます。

脳は習慣になっていることをしている時が、エネルギーの消耗が少なくなるので、そうしてくるんです。

だから新しい習慣を、色々な理由をつけてやめさせようとしてくるんですよね。

「今日は仕事で疲れたから、英語の勉強は休もうよ」なんて、ささやいてきません?

習慣かさせるためには、脳への負担を出来るだけ少なるさせることが重要なポイントで、「ささやかなこと」から始めるのがいいんですね。

ぼくも毎日の筋トレを、「ささやかなこと」から初めて習慣化できました。

これについては、以前の記事も合わせて読むといいですよ。

習慣化するには期間より【目標設定の仕方】が成功の秘訣 英語、整理整頓、筋トレなど、新しく何かを始めるとき、習慣化するまで頑張るぞー!と意気込んだものの、習慣化する前にいつの間にかやめ...

第11章 「努力して読む」から、それはあなたの糧になる

読書方法について書かれている章ですが、オススメの一文。

よく読むと同時によく考えよ

ただ本を読み流すのではなく、よく考えて45分は反芻(はんすう)しながら読みなさいと言っています。

これね、ぼくが最近実践している読書方法で、読みながら途中で本を閉じて、「今言っていたことはこういうことで、あの考えに繋がるな」とか、頭の中で一度考えます。

すると、読み流している時より、はるかに内容が記憶できるんですよ!

本当にオススメの方法なので、本の内容が頭に残らない人は、この章を実践してみてください!

最後に

ぼくがオススメの章を3つほど紹介しましたが、すべての章に人生をより良くするための内容が書かれているので、自分ができそうなことや、やりたいと思った章を、たった1つでいいんで、取り入れてみてください。

たった1つでも、今より理想の自分に近づくことはできますよ!

 

ABOUT ME
hisato
hisato
札幌在住、39歳。読書好きで年に130冊以上読みます。インターネット、書籍、あらゆるところから情報をインプットするのが趣味。情報を知っているか知っていないかで、人生って大きく変わるんだよなぁ。